耐震リノベーションなら 原田建築

(2020.06.26)

新型コロナウィルスもまだまだ心配な昨今、各地で地震が起こりいろいろ不安がつきません。原田建築の周辺地域は築年数が長い家屋が多く、耐震工事を兼ねたリノベーションのご依頼を多くいただいております。

最近では、前々回(→こちら)で古いタバコ屋さんをご紹介しましたが、別の場所でも築47年の木造住宅のリノベーションが行われています。

 

家に対する不安はあるけれど、費用が・・・という方も多いかと思います。いつものように行政の補助制度を利用させて頂きます。

 

耐震改修工事の補助制度とは・・・

耐震診断の結果が1.0未満のものに耐震補強上有効な工事を行い、判定値を1.0以上とする補強工事に基づく耐震補強工事に対して¥1,000,000まで補助が受けられます。今回の工事は1期工事として、段階的耐震改修という制度を利用します。

 

段階的耐震改修とは・・・・

無料耐震診断の結果が0.4以下のものに耐震補強上有効な工事を行い、一段目の改修工事で判定値を0.7以上1.0未満にするか、1階を1.0以上にする補強計画に基づく耐震改修工事に対して¥600,000まで補助が受けられる制度です。

→耐震改修補助事業(豊田市)

(今回の詳しい工事状況・補助等は原田建築のもう一つのサイト(→こちら)でご覧になれます。)

 

なお、一段目の改修工事を行った建物の判定値をさらに1.0以上にする2期工事、つまり2段階目の改修工事に対して¥300,000まで補助が受けられます。

 

その他、耐震を兼ねた工事は自治体の補助が受けられることが多いです。お悩みの方はお気軽にご相談ください。