住みながらの耐震リノベーション

先月 耐震リノベーションの完成見学会を行った「築61年の伝統工法の家」

こちらのお宅は既存の住宅の約9割を改修・減築という大規模な工事だったのですが お施主様ご家族がお住まいになりながら行いました。

住みながら⁉ どうやって? ・・・工事の流れとともに ご説明いたします。

(今回はちょっと長文です)

 

■ はじまり・計画 ■

このお宅は、上の写真 Aのお住まいに 後から増築したがくっついた構造になっていました。

当初は、建物全体の耐震補強のみをお考えでしたが お話合いを進めるうちに Aを耐震補強+リノベーションを減築(取壊し)することになりました。

工期は約半年。このような場合、お客様はご自宅近くのアパート等をお借りなり、仮住まいされることが多いのですが、今回のお宅は最低限 生活できる水廻り(キッチン・風呂・トイレ)が揃っていた為、住みながらの工事が可能となりました。

 

■ 工事 ■

まずAから工事を始めていきます。(工事中はでご生活) そのまま使用しても問題のない梁・柱・壁等は残し、解体していきます。

※ビニールが覆われている部分は 工事を行わない(壁紙・畳などの内装のみ改装)お部屋です

 

耐震性向上の為、基礎を数箇所 新設。

 

耐震金物で既存の柱・梁を補強。

 

新しい柱・床・壁が どんどん できていきます。

 

瓦も新しく。 古い瓦の下に敷き詰められた土を取り除きます。

 

屋根下地を新たに施工します。

 

新しい瓦が葺かれ完了です。

 

次は外壁です。(ガルバニウム鋼板に変更)

1階やAが接している部分は外壁を張らず 一旦このままに。

内部も一部を残し、生活できる状態になったので お施主様 からAへお引越しです。

 

移動が完了したらを減築(取壊し)ます!

 

重機でメリメリメリ・・・。(この写真は反対側から撮影しています)

 

境目付近は慎重さが求められる作業となるため 人力💪で行います。

 

無事 取壊し完了!

 

あとは境目部分の施工を行い・・・

 

残した外壁も張り 完成!

 

今回の事例では約半年に渡る長い工事となりましたが、お客様のご都合によっては、工事を数期に分けて行う方法もあります。

大がかりなリフォーム・リノベーションをご構想中で色々とお悩みの方、ぜひお気軽にご相談ください。

お問合せ先 ⇒こちら

2021.05.03 スタッフ: GWも営業してます!