〈ご来場御礼〉4月17・18日 完成見学会 築61年の伝統工法の家 耐震リノベ

4/17(土)・18(日) お施主様のご厚意により 豊田市駒場町にて 耐震リノベーションの完成見学会を行いました。

今回はお施主様が既にご生活されており、ご来場者様が直接 ご体験談などをお聞きできる貴重なご機会となりました。

 

(新型コロナウイルス感染症拡大防止の為、ご来場者様にはマスクの着用・検温・手指消毒等々ご協力いただきありがとうございました)

(お客様のプライバシー保護の為、画像をカットしています)

 

今回のお宅は築61年の伝統工法で建てられた木造住宅。もともとは耐震補強のみをお考えでしたが お話し合いを進めるうちに 既存の住宅の約9割を改修・減築する大工事になりました。

 

BEFORE

左側を改修、右側(赤点線部分)を減築。ご家族は一時的に引越をすることなく そのままお住まいになりながら工事を行いました。

(どうやって行ったかは 後日公開しますネ!)

 

既存の立派な梁は シロアリ被害や問題になるような劣化が見られなかった為、必要なものはそのまま使用。

 

AFTER

玄関ホールやLDKの吹き抜けには見せる梁としての役割も。古民家リノベーションの醍醐味です。

 

BEFORE

広縁(ひろえん:奥行きの深い縁側のこと)

(プライバシー保護の為、画像の一部を加工しています)

 

AFTER

(画像は写した向きがBEFOREと逆になっています)

広縁の外に面した部分はすべて掃出し窓だった為、間に壁を設け耐震性を向上。天井・床・照明なども新しくなり明るい広縁になりました。

縦型のブラインドは お施主様がお選びになったもの。カーテンよりもスッキリしているので廊下などには最適です。 室内側の既存の建具の縦桟と調和し、和モダンな空間となっていて素敵でした。

 

「使えるものはできる限り残したい」というお施主様の思いが伝わる この建具。繊細な細工が施されており、ご来場者様の目を惹く存在となっていました。

 

安心して暮らせる”住み継ぐ家” に生まれ変わった今回の耐震リノベーション。

「子供の頃からずっと暮らしてきた 両親が建てた大切な家。仏間はそのまま残して家族・親族がこれからも集まれるように。」と お施主様がお話しをしてくださいました。

その思いへのお手伝いができたことを嬉しく思います。

 

最後に このような時期にご来場してくださった皆様、そして2日間にわたりご自宅をお貸しいただきましたお施主様に感謝いたします。

 

2021.04.19 スタッフ:

 


 

更新:2021/04/05
※イベントは終了しました

〈完成見学会開催!〉築61年の伝統工法の家 耐震リノベーション

 

昨年10月、豊田市 駒場町で行われた構造見学会(⇒こちら)のお宅のリノベーション工事が終わり、お施主様のご厚意で
4/17(土)・18(日)
の2日間、完成見学会を開催させていただくことになりました!

 

築61年の伝統工法で建てられた木造2階建住宅耐震フルリノベーション
(工事中の様子⇒こちら
BEFORE

のお宅がどのように変わったのか!?
現在のお住まいを建て替えるか迷っていらっしゃる方、中古住宅をご購入してリノベーションされたい方、必見です。
建物の耐震性から税金・補助金・相続などのお金の問題に至るまで、専門の知識を持ったスタッフがご相談に応じます。 ぜひ、ご来場ください!

※なお、新型コロナウイルス感染拡大防止対策としてご予約優先となります。

 


《ご予約方法》
■HPから
https://www.kikaoru.com/inquiry_detail/(お問合せフォームにご用件をお書きください)
■お電話から
0561-32-1691
(「4月の完成見学会のご予約」とおっしゃっていただけるとスムーズです)
どちらとも下記をご記入(もしくはお伝え)ください。
A:ご希望日
・4/17(土)
・4/18(日)
B:ご希望時間
①10:00~10:45
②11:00~11:45
③12:00~12:45
④13:00~13:45
⑤14:00~14:45
⑥15:00~15:45
※今後の新型コロナウイルス感染拡大の状況によって、イベントの開催を中止する場合がございますのでご了承ください。
2021.04.05 スタッフ: