中古住宅リユース 築39年の平屋建てをフルリノベーション

一押し画像

お客様のご要望

敷地の広さと静かな立地に魅力を感じて中古住宅を購入しました。築39年で空き家になっていたこともあり、内装、外装共に痛んでました。また、今のままだと耐震性を満たさないため住宅ローン減税が利用出来ないので耐震性も高めて安心、快適に住める家にしたいです。

施工ポイント

いたんだ箇所の修復だけではなく、耐震性、断熱性を高め安心して快適にすごせるようにしました。みよし市耐震補強補助事業(120万円)、国の住宅ストック事業(30万円)。上記の補助制度を利用してます。

中古住宅の活用で以下のメリットを得る事ができて非常に助かりました。中古住宅を耐震補強する事で、耐震補強をしない場合に比べて以下のような制度を利用できました。
・住宅ローン減税は、建物だけでなく、土地についても控除を受ける事ができる。お客様が購入時は最大で400万円の減税(個人間売買の場合は200万)が可能。
・登録免許税で、所有権移転は2%→0.3%、抵当権設定登記が0.4%→0.1%と大幅に減税された。
・不動産取得税が土地で45,000円以上控除、建物は建築年で変動しますが控除される。
・地震保険が10%割引となる。

物件概要

所在地 みよし市三好町
建物 戸建て平屋建
築年数 39年
リフォーム部位 外部、内部、水周り、耐震、断熱
工期 3ヶ月
おおまかな費用 約1900万円 ※外構工事共
家族構成 夫婦2人

屋根の軽量化、基礎の補強、壁の補強により耐震評点を0.69から2.73まで向上させてます。耐震性、断熱性を高め安心して快適にすごせるようにしました。みよし市耐震補強補助事業(120万円)、国の住宅ストック事業(30万円。上記の補助制度を利用してます。

00B図 (2)

この施工例についてのご質問はお気軽に!