• 補助金を利用して行った断熱、耐震リノベーション 豊田市荒井町

    間取りの変更に伴い、スケルトン状態にし、ウレタン吹付け、断熱サッシにより断熱性の向上、安価で確実な一般的な方法(筋交い、ダイライト)で耐震補強をしました。

    将来的に1階部分だけで生活が出来るように、和室を主寝室に、一部増築をする事で風呂、脱衣場、収納を広くできました。2階は工事をせずに1階部分だけに限定して工事をする事で性能を向上させたいポイントを絞って予算をかける事ができました。

    耐震補強では1階部分の評点を0.83から1.95に1.12と大幅に向上させてます。長期優良リフォーム事業により100万円の補助金を利用してます。
    所在地豊田市荒井町
    家族構成夫婦2名
    おおまかな費用約2000万円
    施工例種別

    →詳しく見る

  • 中古住宅リユース 築39年の平屋建てをフルリノベーション

    いたんだ箇所の修復だけではなく、耐震性、断熱性を高め安心して快適にすごせるようにしました。みよし市耐震補強補助事業(120万円)、国の住宅ストック事業(30万円)。上記の補助制度を利用してます。

    中古住宅の活用で以下のメリットを得る事ができて非常に助かりました。中古住宅を耐震補強する事で、耐震補強をしない場合に比べて以下のような制度を利用できました。
    ・住宅ローン減税は、建物だけでなく、土地についても控除を受ける事ができる。お客様が購入時は最大で400万円の減税(個人間売買の場合は200万)が可能。
    ・登録免許税で、所有権移転は2%→0.3%、抵当権設定登記が0.4%→0.1%と大幅に減税された。
    ・不動産取得税が土地で45,000円以上控除、建物は建築年で変動しますが控除される。
    ・地震保険が10%割引となる。
    所在地みよし市三好町
    家族構成夫婦2人
    おおまかな費用約1900万円 ※外構工事共
    施工例種別

    →詳しく見る

  • 豊田市 昭和52年築の 全面改修と合わせて行った耐震リフォーム

    豊田市の耐震診断で0.27という評価の建物でした。この先、安心して過ごせる事を目的に耐震補強を条件に、築37年経ち傷んできた水周り、外部の改修を行いました。工事に合わせて和室と食堂を一体にしてLDKにして、隣接して納戸を設けて収納も確保した。評点を1.0以上に上げる事で『豊田市木造住宅耐震改修費補助事業』対象工事として90万円の補助を受けました。住宅エコポイントにて45万ポイント、耐震、バリアフリーの所得税控除も利用しました。
    所在地愛知県豊田市保見ヶ丘町
    家族構成夫婦2人
    おおまかな費用1400万
    施工例種別

    →詳しく見る

  • 西側離れの全面リフォーム 屋根葺せ替えと外部からの耐震補強 みよし市西一色町

    リフォーム無しに築48年経っており、外部内部共に全面改修が望ましいタイミングでした。重たい日本瓦土葺せ屋根をおろして、釘打ちの屋根にして、外部を施工し直すタイミングでその全面ダイライトを施工する事で耐震基準を満たすことが出来た。間取りを大きく変更したが、外部だけの補強で済んだの新設の基礎施工は無しで済んだ。便所、洗面化粧台は設けたが、キッチン、浴室は本宅を利用の計画だったので、十分な広さのリビング、寝室、収納を設ける事が出来て余裕のある住まいになりました。
    所在地愛知県みよし市西一色
    家族構成夫婦2人
    おおまかな費用約1100万
    施工例種別

    →詳しく見る

  • 茶室のリフォームに合わせて耐震補強しました 豊田市若林西町

    耐震補強をする範囲を、リフォームを考えてみえた『和室』、荷物の少ない『広縁』、工事が大きくならないで効率よく補強ができる『押入』に限定をして補強を考えた。2階については、息子様が生活をされているので、階段での補強をした。工事可能な範囲も限られてたので、総合評点を1.0まで向上させる事が難しかったので、段階改修工事として補助が利用できる0.7まで向上させて、豊田市耐震補助事業 60万円の補助を受けた。
    所在地豊田市若林西町
    家族構成夫婦、子供の3人
    施工例種別

    →詳しく見る

  • 金額を抑えて、効果的な耐震リフォーム 豊田市T様邸 

    ①施工費を抑えるために、洋室1室の範囲、と反対側の外壁に外付けブレースアイワンを計画しました。
    2階直下の壁を無駄なく、効果的に補強する事、工事範囲を分散させずに、集中する事で、補強のための解体、復旧工事費を押させる事ができました。改修をした、洋室も見違えるように快適な空間になり。補強した安心感だけでなく、内観のキレイさによっても安心に感じて頂けたとおっしゃって頂けました。

    建物上部構造評価(劣化度減点無しにて評価) 1階X方向 1.20(←0.83) 1階Y方向0.96(←0.74)

    ②将来的に利用する期間を考慮して、あまり費用をかけない提案を心掛けつつも、お客様の要望と気にいって頂けた提案(面台の無いユニットバス、便所のヒノキの腰板、バンブーの床材)を生かした計画をさせて頂きました。

    洋室の補強計画です。2階の直下を無駄なく補強できました。壁がずれている箇所は水平剛性の補強により、2階部分が揺れようとするのを、1階の耐力壁が防ぎます。建物上部構造評価(劣化度減点無しにて評価) 1階X方向 1.20(←0.83) 1階Y方向0.96(←0.74)
    所在地豊田市西岡町
    家族構成大人1人
    施工例種別

    →詳しく見る

  • 豊田市 O様邸 耐震補強工事 外付ブレース工法 アイワン

    外壁が古い鉄板の範囲は張替をし、それと同時に外部からの壁の補強しました。タイルの風呂で腐食が気になるのでユニットバスに、それと工事範囲が大きくなりずらい押入で内部の壁の補強をさせて頂きました。

    また、それで足りない耐力を外付ブレース工法 アイワンを中窓に施工した。アイワンを施工すると、雨戸が使えなくなるので防犯のために外部に木製の格子を施工し、断熱のために内窓を施工させて頂きました。

    豊田市の耐震補助事業により90万円の補助制度を利用しました。

    所在地豊田市保見ヶ丘
    家族構成大人2人
    施工例種別

    →詳しく見る